1. トップページ
  2. 診療案内
  3. ピル外来
  4. 自分にあったピルの見つけ方

自分にあったピルの見つけ方

今や働く女性にとって避妊だけが目的ではない「ピル」。 自分に合った飲み方を知って、快適な毎日を過ごそう。

タイプ別チェック表

名古屋にある婦人科 ともこレディースクリニック 自分にあったピル

拡大表示


Aタイプの人は・・・?(生理痛タイプ)

ピルはごく少量の女性ホルモンが2種類含まれた錠剤。他の薬と併用してもOKなのが特徴です。避妊効果はもちろん、生理痛を改善する副効用もあるので、生理痛が酷く悩まれている方にも勧めています。また、あまりにも痛みが酷い場合は、鎮静剤を併用して服用しても問題ないので、まずは3ヶ月くらい続けて様子を見てみてください。

Bタイプの人は・・・?(生理不順タイプ)

ピルに含まれている成分はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモン。これらが少量ずつ含まれていて、卵巣で作られるホルモンとほぼ同じ構造をしているので、体に有害ということはありません。ホルモンバランスを整える”サプリメント”感覚で服用して生理不順が解消できますよ。

Cタイプの人は・・・?(過多月経タイプ)

ピルに含まれている成分はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモン。これらが少量ずつ含まれていて、卵巣で作られるホルモンとほぼ同じ構造をしているので、体に有害ということはありません。ホルモンバランスを整える”サプリメント”感覚で服用して生理不順が解消できますよ。

Dタイプの人は・・・?(PMSタイプ)

月経前になるといつもの自分じゃないほどイライラしたり、酷い頭痛やむくみが起きたりするのがPMS(月経前症候群)です。日常生活に支障をきたすほど不快な症状が出て、仕事をするのが困難・・・という人はいませんか?そんな人にも、症状を緩和すると言われているピルは試すべき方法のひとつです。PMSに効く漢方薬を併用する事も可能なので、まずはご相談下さい。

Eタイプの人は・・・?(ニキビ・多毛タイプ)

ニキビができて肌があれる人や多毛で悩んでいる人はホルモンバランスの崩れが原因と考えられます。それを防ぐためには、やはりホルモンバランスを整えるピルの服用が向いています。また、栄養不足も関係している人は、バランスの良い、規則正しい食生活を心掛けると共に、漢方薬やビタミン剤などを同時に服用してみて下さい。

このページのトップへ