1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 性感染症
  4. トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎

トリコモナス原虫性感染症(STD)の一つで、トリコモナスという原虫の感染によって起こる病気です。腟の感染症のうちでも頻度の高いもので、感染後1~2週間で発生しますが、感染を放っておくと炎症が卵管にまで及び、不妊の原因になったり、妊娠しても流産や早産をまねく恐れがあるので、治療が必要です。

多くはセックスでうつりますが、濡れたタオルやトイレの便座、お風呂でもまれにうつる場合もあります。

症状

女性の場合、臭いのある黄緑色や薄いうみのようなおりものが増えたり、性交痛、外陰部のかゆみなどがあります。
男性はほとんど無症状ですが、軽い排尿時痛がある場合もあります。

このページのトップへ