1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 性感染症
  4. 淋病

淋病

淋菌とよばれる細菌によって感染する性感染症(STD)で、性器クラミジア感染症と並んで、感染率の高い性感染症(STD)です。1回のセックスでうつる確率は30~50%ともいわれ、とても感染力が強いと言われています。抗生物質の普及で一時は減った淋病ですが、1993年ごろから、特に男性で増加の一途をたどっています。女性は無症状で気づきにくいため、知らずに感染源となって、男性感染者を増やしていると考えられます。

また、オーラルセックスの増加により、淋菌が咽頭から検出される症例が多く、男女問わず性器淋菌感染症患者の30%の咽頭から淋菌が検出されます。咽頭の淋菌感染は、治療後の性器感染の再発の原因となるので、感染機会がなく再発した場合は、咽頭感染も疑われます。

症状

性感染症にかかった女性女性は症状が出ないことが多いですが、おりものが増加、外陰部の痒み、腹痛を伴うこともあります。特に黄色いうみの様なおりものは注意が必要です。感染後そのまま放置すると、激しい下腹部痛や発熱が起こり、卵管や骨盤内に炎症が広まって腹膜炎を合併し、不妊の原因になることもあります。また、妊娠・分娩の際に産道感染により、新生児結膜炎を引き起こすこともあります。その他には、頻尿、排尿痛、またフェラチオなどのオーラルセックスで淋菌が咽頭感染し、咽頭炎を起こしたり、結膜炎になることもあります。

このページのトップへ