1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 性感染症
  4. クラミジア感染症

クラミジア感染症

近年もっとも感染者の多い病気です。性器クラミジア感染症は圧倒的に10代後半から30代前半の女性に多く、年々増加しています。感染した女性の80%程度に自覚症状がありません。たとえパートナーが一人でも、また、たった1回のセックスでも感染することがあります。

症状がではじめると、おりものが増えたりセックス時や排尿時に痛みを感じたりします。 感染を放置していると子宮の入り口で炎症をおこし(子宮頚管炎)、さらに子宮の中や 卵管(子宮付属器炎)を通って、骨盤内に感染が進み(骨盤腹膜炎)、付属器に炎症性の癒着を 生じることがあります。

またクラミジアは眼や口、のどの粘膜にも感染するため、風邪でもないのに ノドの不快感が続く方は検査をしたほうがよいかもしれません。 性器クラミジア感染症になっている方は、エイズに感染する確率が健康な人の3~5倍も高くなるともいわれています。

感染者も多い病気ではありますが、完治できる病気であると思うとクラミジアは怖いものではありません。ですが、不妊症の原因となりますので、検査・治療をすることが大切です。 そのために正しい治療が必要です。

クラミジアの治療法はいたって簡単です。 細菌が入る病気なので抗生物質の入った薬剤を飲む事で治療ができます。

このページのトップへ