1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 性感染症
  4. 梅毒

梅毒

かつてはたいへん広まっていた病気ですが近年感染は少なくなっています。
梅毒トレポネーマという細菌により感染します、1回のセックスでうつる確率は15~30%と、強い感染力があります。早期に発見すれば完治します。

症状

  • 第一期(感染後3週間~3ヶ月)
    性器に大豆ぐらいの硬いしこりができます。
    太ももの付け根のリンパ節が腫れます。痛みはありません。
  • 第二期(感染後3ヶ月~3年。一番感染力が強い時期)
    全身に症状が広がります。脱毛がみられます。
  • 第三期(感染後3年~10年)
    全身に硬いこぶのような「コブ腫」ができます。
  • 第四期(感染後10年以上)
    心臓、血管、脳などに障害が出て、日常生活が困難になります

症状は緩和と再発を繰り返しますがそのまま放置すると心臓や血管、内臓に病気が広まってしまいます。
感染したまま出産すると母子感染の危険があります。潜伏期間は約3週間といわれています。

このページのトップへ