1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 婦人科手術
  4. 子宮頸管ポリープ摘出術

子宮頸管ポリープ摘出術

子宮の入口の管の部分を子宮頸管と呼びます。その部位の細胞が何らかの理由(炎症の可能性あり、セックスは無関係)で増殖し、しずくのように子宮口を経由して外に飛び出してくる良性腫瘍(しゅよう)で、大きさは米粒~そら豆ぐらいと様々です。ポリープ自体がガン化することはありません。

症状
痛みはありませんが簡単に出血するようになります。おりものに血が混じったり、性交による刺激や激しい運動などで出血しやすくなります。
治療
子宮頸管の場所は子宮の入り口に当たります。根元が細いものであれば外来で鉗子という器具でたいした痛みもなく取ることができますが、根元が太い場合は切除に出血をともなうのでレーザーで切除することになります。手術は短時間で終わる簡単なものです。

※子宮頚管ポリープを取り除いてもまた繰り返し再発してしまうことはよくあります。原因である炎症が改善されていなかったり、根っこが深く浸透し残っていたりするのが理由です。

このページのトップへ