1. 診療案内
  2. ホルモンバランス異常
  3. 生理不順

生理不順

成人女性の生理周期は通常25~45日周期で出血が3~7日間(平均5日間)とされています。
女性の体は約1ヶ月、卵巣から卵子を排出します。これがいわゆる「排卵」です。このとき受精、着床しなければ生理として子宮内膜は、はがれます。

生理不順で悩む女性生理周期は体調やストレス、環境の変化によって左右されることがあり、また個人差もあるのでプラスマイナス7日程度のずれなら心配ありません。長期にわたって、「周期」と「日数」が規則的に来ない「生理不順」の症状があります。

【生理不順の種類】

過少月経
月経血の量も少なく、2日以内で生理が終わってしまう場合を言います。10~20代にかけての若い女性なら子宮が未熟なことや、卵巣機能が発達していないために卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌が足りないことが原因とされています。
「無排卵月経」の可能性も高いのですが、子宮が成長するにつれ正常な生理になっていくので、あまり心配することはありません。 基礎体温表をつけて体のリズムを観察しましょう。
頻発月経
生理周期が24日以内を「頻発月経」といいます。この場合卵胞ホルモンと黄体ホルモンが十分に機能せず卵胞がきちんと発育しないまま排卵してしまったり、黄体ホルモンの分泌が不十分であることが考えられます。初経を迎えて間もない10代と40代半ばからの更年期はホルモンの分泌が不安定になります。この時期に過度なストレスや環境の変化があると、生理周期が乱れる原因になります。
まず、基礎体温表で卵巣の働きを観察したり、血液検査でホルモン値を測定し治療方針を決めます。
過多月経
生理が8日以上だらだら続くのを「過多月経」と言います。月経血の量が多いと貧血気味になり健康が心配されます。
子宮内膜症子宮筋腫などの疑いもあります。過多月経が3ヶ月以上も続くようなら婦人科へ受診しましょう。
無月経
妊娠でないのに生理が3ヶ月以上もこないことを「無月経」と呼びます。その原因は強いストレス(精神的トラブル)や過激なダイエット(身体的トラブル)と言われています。
無月経になると排卵もしないので卵胞ホルモンの分泌も低下します。無月経を長時間放っておくと子宮が小さくなったり内膜も薄くなるので妊娠しにくくなります。生理がない人は楽だと思わずに婦人科を受診しましょう。

まず基礎体温表をつけて体のリズム観察し生理不順だと認識したら診察を受けましょう。

治療

治療法のひとつに「ホルモン療法」があります。
生理不順の原因のほとんどがホルモンバランスの崩れによるものです。ホルモンバランスの崩れは食生活の偏り、ストレスなどから起こります。ホルモンの体内における量は、生理があるときに大きく変化をします。バランスを崩すということは、ホルモン量の変化が崩れているということになります。このバランスをよくするためにホルモン療法があるのです。
カラダに足りないホルモンを補うことによって、生理を正常にすることができ、周期をコントロールすることができるようになります。ある程度の期間で改善できる人もいれば、そうでない人もいます。気長に治療をするように心がけましょう。

当クリニックでは、西洋医学だけでなく東洋医学(漢方)を含めた処方をしております。

このページのトップへ