1. 診療案内
  2. ホルモンバランス異常
  3. 月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)について

月経前症候群(PMS)で悩む女性生理前になると、「イライラする」「気分が沈む」「具合が悪くなる」というような症状は、 女性の約80%の方が経験していると言われています。 このような、排卵から生理開始までの時期に現れる身体的・精神的な症状を総じて、 月経前症候群(PMS) といいます。
PMSの症状は人によって様々で、「胸が張る」「下腹部痛」といった身体的なもの、 あるいは「怒りっぽくなる」「悲しくなる」というような精神的なものなど、例をあげればキリがありません。


PMSは、排卵のある(妊娠が可能な)女性であれば、誰にでも起こり得る症状で、決して特別なものではありません。 しかしながら、PMSは生理の周期ごと現れるのですから、非常にわずらわしいものでもあります。 また、症状の度合いも個人差が激しく、症状が現れても、それほど気にならない程度の人もいれば、 逆に日常生活でさえも困難になってしまう人もいます。

月経前症候群は、生理が終われば症状がなくなるという人がほとんどです。生理がくれば、イライラや頭痛も治るからがまんすればいいだろうと思っているかもしれません。しかし、その月経前症候群が出ている間は、少なくともイライラしたり、集中力がかけていたりする場合もあります。

治療
治療法には主に低用量ピルというものがあります。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンを両方含んだ薬で、ピルを服用すると排卵がストップし自身のホルモン分泌が低下します。 その為、月経前症候群独特の症状が出なくなるという事になります。しかし、服用した人すべての症状を改善するものではありません。しかし、かなりの身体的症状が緩和されますので、試してみる価値はあると思われます。
また、程度に応じて漢方薬や安定剤(SSRI)を処方しています。

このページのトップへ