1. トップページ
  2. 診療案内
  3. がん検診
  4. 子宮体がん

子宮体がん

子宮がんは子宮の入り口にできる「頸がん」と子宮の奥にできる「体がん」があります。


子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある子宮内膜から発生する病気です。一方、子宮腟部や頸管の上皮から発生したがんが子宮頸がんです。 同じ子宮のがんであっても、 子宮体がんと子宮頸がんは、診断・治療・予後においてすべて異なりますので、子宮体がんと子宮頸がんの違いを正しく理解することが大切です。


原因

子宮体がん 画像子宮体がんの詳しい原因は不明ですが、女性ホルモン(エストロゲン)の増加が関連があることが分かっています。エストロゲンの機能のひとつとして子宮内膜の増殖刺激があります。発生率のピークは60~70歳ですが、5%弱では40歳以前に発生しています。子宮体がんになる危険性は、エストロゲンの分泌が増加している女性ほど高いことがわかっており、肥満、高血圧などが子宮体がんに関連があることもわかっています。この他にも未経産、不妊、糖尿病の女性も子宮体がんの危険因子となっています。

症状

  • 異常子宮出血
  • 月経周期の異常
  • 閉経後に性器出血や点状出血がみられる
  • 40歳以上の女性で、異常に長い、多量の、または頻発する出血がみられる

    内診上、特に病気の初期段階では、異常が認められないことがよくあります。

危険が高くなる条件が特定されているので、その条件に該当する女性は医師の指示をしっかり守ることが重要となります。こまめに内診と検査を受けましょう。

このページのトップへ