1. トップページ
  2. ブログ
  3. » ピルを飲み忘れた場合について

ピルを飲み忘れた場合について


ともこレディースクリニック今回はピルを飲み忘れた場合についてお伝えします。

■ピルを飲み忘れた場合の対処
まず、ピルには21日間服用タイプと28日間服用タイプがあります。21日間服用タイプは、1シート21錠すべてにホルモンが含まれており、1日1錠服用していき、22日目から7日間服用を休むというサイクルです。
28日間服用タイプは、ホルモンを含んだ21錠と、ホルモンを全く含まない7錠の錠剤(プラセボ)が1シートに含まれています。1日1錠服用し、1シート28日分全ての錠剤を飲み終えたら、翌日から次のシートの服用を始めます。
ピルは月経が始まった日から服用を始め、毎日ほぼ一定の時間に飲むようにし、ピルのタイプに合わせて服用を行うようにします。
ピルの飲み忘れピルは飲み忘れると効果がなくなってしまうので、原則として絶対に飲み忘れないようにすることが大切ですが、もしも飲み忘れてしまった場合は以下のようにしてください。

●ピルを1日飲み忘れた場合
飲み忘れに気がついた時、24時間以内であればすぐに1錠飲むようにし、翌日からいつもの時間に飲むようにしてください。
●2日以上飲み忘れた場合
2日以上飲み忘れた場合、クリニックに相談するようにしてください。

このページのトップへ