1. トップページ
  2. ブログ
  3. » アフターピル(モーニングアフターピル)について3

アフターピル(モーニングアフターピル)について3

アフターピル(モーニングアフターピル)について、3回目のおさらいをしていきます。ともこレディースクリニック

アフターピルについてのQ&A
Q.アフターピルを使用するとどうして、避妊ができるの?
A.アフターピルには排卵を抑制する、排卵を遅らせる、受精を妨ぐ、子宮への受精卵の着床を阻止する効果があります。アフターピルは中絶薬ではないので、受精卵の着床が完了してからの服用では効果はありません。妊娠を100%防止することはできないのです。不安な時は性交後72時間以内になるべく早めに服用しましょう。

Q.LNG法(新アフターピル)とヤッペ法(旧アフターピル)の違いは何ですか?
A.LNG法では、1~2錠を1回で内服、ヤッペ法では、2錠と吐き気止め1錠を12時間おきに2回服用します。

Q.ノルレボ錠とは何ですか?
A.日本初の緊急避妊薬です。WHO(世界保健機構)のエンシャルドラッグ(必須薬)に指定され、国際的にも標準的な緊急避妊方法として位置づけられています。
有効成分は、黄体ホルモンのレボノルゲストレル(LNG)です。

Q.緊急避妊ピルを服用することの効果は?
A.緊急避妊ピルは妊娠を防止しますが、100%ではありません。一般的には妊娠する可能性が20%に減少できると言われています。

Q.アフターピルの副作用とは?
A.ヤッペ法は服用すると、一時的に気持ち悪くなったり、吐いたりすることがあるため、当クリニックでは吐き気止めも一緒に処方しています。
LNG法にはこのような副作用はほとんどありません。

Q.アフターピルの服用後の注意は?
A.服用したことで排卵が遅れ、その後のセックスで妊娠することがあります。アフターピルが効いたかどうかは、服用後すぐにはわかりません。予定通りに月経があって初めてわかります。もし、予定月経が一週間以上遅れたり、心配なことがあれば当クリニックにご相談下さい。

Q.アフターピルを服用したのに妊娠してしまった場合、体や赤ちゃんに影響は?
A.異常妊娠であったり、赤ちゃんに異常があったりということはありません。

Q.アフターピルは性感染症予防の効果はある?
A.アフターピルは、エイズを含む性感染症を予防するものではありません。これらに感染していないかどうかお悩みでしたら、当クリニックにご相談下さい。

最後に
万が一性交後72時間を過ぎてしまった場合でも一度ご相談ください。また、アフターピルを服用し、望まない妊娠を避けることも大切ですが、もっと良い方法は低用量ピルを毎日服用することで確実に避妊をすることです。
不安な思いをするのは女性です。避妊をパートナー任せにしないためにも、毎日服用する低用量ピルで自分を守り、安心して計画的にすごしましょう。

 

このページのトップへ