1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 排尿の異常について その1

排尿の異常について その1


ともこレディースクリニック女性は尿道が短く、また膣や肛門が近くにあるため、尿道に細菌が侵入しやすくなっているので、尿に関する悩みが多いです。
今回は排尿の異常についてご案内いたします。

トイレへ行く回数が多い? 
一日のうちに行くトイレの回数には個人差があり、その日の水分摂取量や気温などにも影響されますが、一日のうち朝~夕までに八回、夜に二回の合計回数が十回以上がほとんど毎日という場合は頻尿だといえます。
頻尿頻尿の原因としては今までにもお伝えしてきた膀胱炎や、尿道炎などが考えられますが、他にも精神的なストレスや緊張などでも尿意は起こります。
夜中に何度もトイレに行きたくて目を覚ますようなことがなければ、心配しなくてもよいでしょう。あまりトイレを我慢しようとせず、したくなった時には行けばよいという気持ちでいましょう。
ただし、トイレが近いだけでなく排尿時に痛みや残尿感、尿の濁り、においなどの異常を感じたら、早めにクリニックを受診するようにしましょう。
水分摂取量女性の場合は子宮筋腫や卵巣腫瘍などで膀胱が圧迫されると、頻尿になります。この場合、排尿痛などの症状を伴わないために見過ごしやすいので、普段と様子が違ったり、おかしいと感じることがあったら相談してください。
また、トイレの回数は多くなくても、一日の排尿量が多いのも問題です。水分の摂取量にもよりますが、成人の平均尿量1000~1500ccに対して、2500cc以上の場合は、腎炎、糖尿病、尿崩症などが疑われるので注意しましょう。

このページのトップへ