1. トップ
  2. 診療案内
  3. ピル外来
  4. ピルの服用方法
  5. ピルに関する注意事項

ピルに関する注意事項

  • 服用から2時間以内に吐いてしまった場合、翌日の分を服用して、そのまま服用をつづけてください。(2時間以上経って吐いた場合は、すでに吸収されていますので、特に心配ありません)
  • 飲み始めて生理の量が少なくても避妊効果はあるため、途中で中止しないで飲み続けてください。
  • プラセボ錠は飲み忘れても問題ありませんが、飲む習慣をつけるため続けて飲むことをお勧めします。
  • 飲み始めて1ヶ月は、確実な避妊効果が得られない可能性があるため他の避妊方法との併用をお勧めします。
  • 一般的に休薬期間またはプラセボ錠を飲み始めて、2~3日で生理のような出血が始ります。生理の有無・量にかかわらずプラセボ錠を飲み終わったら、新しいシートを開始してください
  • 毎日同じ時間に服用する事を忘れないようにして下さい。飲み忘れると避妊効果が低くなります。
  • ピルを服用してもエイズなどの性感染症は防げません。不安な思いをしないためにもコンドームを併用して下さいね。

このページのトップへ