1. トップ
  2. 診療案内
  3. ピル外来
  4. ピルの服用方法
  5. 服用方法

服用方法

低用量ピルは1日1回1錠を、毎日同じ時間服用で避妊ができます。

販売されている低用量ピルには、21錠タイプ28錠タイプがあります。
28錠タイプには、7錠の偽薬が付いています。偽薬はプラセボなどとも呼ばれます。偽薬は毎日服用する習慣をつけるために考えられたものです。休薬期間空けの飲み忘れを防止する効果もあるといわれています。

基本的な服用方法は変わりません。

生理の始まった日を1日目とし、28日間を1周期として考えます。

●21錠タイプの場合
生理の始まった日から、毎日決まった時間(ご自身で服用しやすい時間帯を選択下さい)に1錠ずつ21日間服用し、その後7日間服用を休止します。
7日間の休薬中に生理のような出血があります。
この28日を1周期として7日間のお休みが終わった翌日から新しいシートの服用を開始します。
●28錠タイプの場合
生理の始まった日から、毎日決まった時間(ご自身で服用しやすい時間帯を選択下さい)に1錠ずつ28日間服用します。
最後の7錠(プラセボ錠)服用中に生理のような出血があります。
この28日間すべて服用したら、そのまま翌日から続けて新しいシートの服用を開始します。

名古屋市栄にある婦人科 ともこレディースクリニック ピル服用スケジュール

飲みはじめから、貴女にあった工夫で毎日飲むようにすると習慣化できます。
携帯電話などのアラーム機能を利用したり、起床時や就寝前など決めておくと飲み忘れが防げるのではないでしょうか。
名古屋市栄にある婦人科 ともこレディースクリニック 1日1錠決まった時間にわすれずに飲んで下さい。

健康な女性であれば、ほとんどの場合お薬を服用することができます。
しかし、低用量ピルは安全性が確立されたお薬ですが、問診・診察(婦人科チェック)の結果、処方できない場合もあります。

このページのトップへ