1. トップページ
  2. ニュース

「ファボワール」を服用されている患者さまへ『自主回収』のお知らせ

避妊目的だけでなく、PMS(月経前症候群)や月経不順、また月経痛などで処方しているOC(低用量ピル)「ファボワール」が、自主回収となってしまいました。

長期保存試験において、製造から2年以上経過した製剤で、含有されている黄体ホルモンの類縁体が1%未満の基準をわずかですが1.2%となったことが原因で、服用しても身体への悪影響はないものと思われます。
しかし、医薬品の基準は厳しく、残念ながら『回収』となってしまいました。

今後当院での方針は、

・PMS、ニキビ、肌荒れ、多毛など、ファボワールの特性を活かした治療を行っている場合、同一成分の「マーベロン」に 変更。(ただし「マーベロン」での処方は院外処方となります)

・避妊、月経不順など、特に「ファボワール」の成分ではなくても良い場合は、「アンジュ」「トリキュラー」「ラベルフィーユ」に変更(当院で今まで通り処方可能)とします。

もちろんその方に合ったものを、相談して処方します。

このページのトップへ