1. トップページ
  2. 診療案内
  3. おりもの異常
  4. おりものとは

おりものについて

子宮、膣、汗腺からの分泌物が混じりあった”粘性のある液体”がおりものです。

おりものには大きく分けて2つの役割があります。

①自浄作用
おりものは、膣の中を酸性にして適度に潤すことで細菌が膣を通して体に入り込むのを防ぐ働きをしています。 また、古い細胞や、いらなくなった老廃物を体外に排出しています。膣の中を神経質に洗う人がいますが膣壁を守っているおりもの(デーデルライン桿菌)までも一緒に洗い流してしまうことに!
おりものは膣の中をきれいに保つ力を持っているんです。
②受精の手助け
排卵期はおりもの量が増加しますが、その中でも特に子宮頚管部のおりものは、精子がスムーズに子宮内に到達するための役割も担っています。
正常なおりものと異常なおりもの
正常なおりものの色は個人差はありますが、主に透明に近いか白っぽい色をしています。下着などについて乾くと薄黄色に変色します。
においは微かに甘酸っぱさがあることもあります。このにおいの元はデーデルライン桿菌という善玉の乳酸菌です。
正常なおりものとしてまず把握しておくべきことは、排卵時のおりものの大きな変化です。排卵時のおりものは、ツーっと糸を引くような粘性があり、量も多いのです。 他の時期とはまったく異なる状態ですので、自分でもその変化をつかみやすいもの。この大きな変化が無い場合には、卵巣が働いていない、つまり排卵が無いと判断できます。排卵時は少量の出血があることがあります。排卵時の出血である、と自分で判断できることによってはじめて「心配いらない」とわかるものですので、自分の生理周期による変化を知った上で、正常かどうか判断することが重要です。
女性にとって、子供を産む、産まないにかかわらず、定期的に排卵があるということは大切なことです。おりものの状態によってそれは把握できますので、状態の変化を知っておくことは重要だといえます。おりものの状態と共に、基礎体温表をつけて、ふたつを合わせて把握しておくと更によいでしょう。
【おりものの変化】
病気を疑うことだけではなく、健康のバロメーターの役目もあります。
おりものの変化 体の状態
水っぽくて白くサラサラしていて量が多い 胃腸が弱り、体がむくむ
透明感がなく、足腰がだるい 腎臓が弱っている
黄色でネバネバしていて臭いやかゆみがある 免疫力が弱っている
赤っぽく少し臭う ストレス
水気がなく量が極端に少ない 体内の水分量が足りてない
膣内を常にビデなどで洗浄していませんか?
おりものが気になるからと言って、常にビデなどで洗浄してしまうと膣の中を守っている大切なデーデルライン桿菌まで、洗い流してしまうことによって雑菌の繁殖を促す結果になり、炎症や病気をまねいてしまいます。
日頃から入浴時などに膣を清潔に保ち、おりものの変化をチェックするのは大切ですが、洗い過ぎて逆効果になってしまわないように気をつけてください。

おりものの色やにおいに異常があり、外陰部が赤く腫れたり、痛みを伴う状態のときは早めに婦人科を受診しましょう。

このページのトップへ