1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 婦人科手術
  4. 尖圭コンジロームレーザー焼却術

尖圭コンジロームレーザー焼却術

外陰部の皮膚と粘膜の境界にある湿った部分に弾力性のある小さなイボが出来ます。イボはどんどん増えていき、かたまりが大きくなるとカリフラワー状になるこ とも。自覚症状はほとんどありませんが、かゆみやひりひりする感じがあったり、ほてる、性交痛を感じる場合もあります

尖圭コンジロームについて詳しくは、性感染症のページ

MEDILASER-30AF治療
治療は、患部をレーザーメスで切除し、外科的な手術によって取り除きます。しかし、取り除いた根のところにウイルスが残り、再発を繰り返すことがあるので、(治療後 3 ヶ月以内に約 25 %が再発)、根気よく治療することが大事です。
当クリニックでは、最新の炭酸ガスレーザー(光線)で取り除きますので、傷跡もきれいになります。

また尖圭コンジロームにかかると、他の性感染症の可能性も高いので、その他の検査をすることをお勧めします。

このページのトップへ