1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 性器の異常について

性器の異常について


今回は性器の異常についてお伝えします。ともこレディースクリニック

■形・位置の異常
性器の異常には「形の異常」「位置の異常」があり、形の異常であれば先天的、位置の異常であれば後天的によるものが多くなります。

形の異常
┗腟閉鎖・処女膜閉鎖
膣の一部や処女膜が生まれつき閉じている状態です。思春期になっても月経が見られませんが、体内では正常に月経がはじまっており、経血が外に出ることができないため、月経になると下腹部痛が起こります。多くの場合、思春期までは無症状です。
性器の形や位置の異常経血が排出されないまま体内にたまると、下腹部が張ったり痛みが強くなり、膀胱を圧迫することから排尿障害を引き起こすこともあります。また、子宮や卵管などに経血がたまった状態を放置すると、将来不妊の原因となる場合もあります。

┗子宮奇形
先天的に子宮の形が通常の形と異なっているもので、胎児期に子宮の発達が途中で止まってしまうのが原因です。初経がこない、月経不順、月経痛、不妊、習慣性の流産といった症状の原因となりますが、子宮の形や人によっては自覚症状が見られず、妊娠や出産に影響がないこともあります。

┗陰唇癒着
左右の小陰唇が癒着を起こしてしまうもので、赤ちゃんから小児の時期、高齢の女性に見られる後天的な病気です。細菌感染による炎症や傷が治る過程で癒着が起こる場合もありますが、ほかの生殖器の機能に影響はないので心配いりません。
簡単な切開で治りますが、癒着を起こしやすいので清潔を心がけることが大切です。

位置の異常
┗子宮下垂・子宮脱
子宮が正常な位置から膣のほうに垂れ下がってきてしまった状態で、加齢や閉経後、妊娠中や分娩後に子宮を支えている骨盤底の筋肉や靭帯がおとろえてゆるんでしまうことから起こります。
はじめは正常な位置より少し下がった「子宮下垂」の状態ですが、症状が進行していくと子宮がどんどん下がっていってしまい、子宮が膣の外にまで下がってしまう「子宮脱」になってしまいます。
頻尿や尿もれ、尿が出づらいといった症状が特徴で、ひどくなると尿が出なくなることもあります。

性器の違和感や悩みはなかなか相談しづらいと思いますが、思春期になっても月経がない、周期的に下腹部痛がある、排尿や排便が困難であるといった症状がある場合には、早めにクリニックを受診するようにすることが大切です。

このページのトップへ