1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 生理用品を賢く選ぼう

生理用品を賢く選ぼう


生理用品の選び方

今回は生理用品の選び方についてお伝えします。ともこレディースクリニック

■生理用品の種類
ナプキンをはじめとした生理用品の品質向上にはめざましいものがあります。これらをTPOに合わせて上手に使い分けることで生理期間中も快適に過ごすことができます。期間や量など自分の月経の特徴と、ライフスタイルにあわせて生理用品を選びましょう。

●ナプキン
ナプキンは大きさ、厚さ、形、吸収力、ウイングやテープの有無など、とにかく種類が豊富に市販されています。
購入の際には1種類に限定せず、月経中の量の多い日用や少ない日用、寝る時用などにあわせて使い分けると快適かつ経生理用品の選び方 済的です。月経中に使うナプキン以外にも月経前のおりもの専用ナプキンも販売されています。
最近のナプキンは吸収力がよく、もれる心配が少ないうえに、皮膚にあたる部分もさらっとしています。ただし、長時間取り換えないのは不衛生ですし、かぶれの原因になるので、こまめに交換するようにしましょう。

●タンポン
タンポンは膣内に入れることに抵抗感がある、入れ方が難しいと思う人が多いからか、ナプキンに比べると使用している人は少ないようです。
タンポンを使ったからと言ってからだに悪いことはありませんし、使い慣れれば簡単に挿入できるほか、月経中の独特の臭いや血が流れ出る感触など、月経特有の嫌悪感を軽減できるので快適に過ごすことができます。
タンポンもナプキンと同様に長時間の使用は不衛生になり、雑菌が繁殖して膣炎の原因になりますので、こまめに取り換えるようにしましょう。
めったにありませんが、まれに取り出すための紐が切れてしまう場合があります。もしもひもが切れてしまい、タンポンが膣内に残ってしまった場合はクリニックに相談し、取り出してもらうようにしましょう。無理に自分で取ろうとすると膣内が傷つく恐れがあります。
また、快適だからとタンポンを出し忘れて、長時間入れっぱなしになってしまうと、腐敗して悪臭を放つようになります。変なにおいがする、膣がかゆいなどでクリニックに来られたところ、入れっぱなしになっていたタンポンが見つかるケースもありますので、くれぐれも出し忘れのないように注意しましょう。

このページのトップへ