1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 母乳分泌過多症について

母乳分泌過多症について


今回は母乳分泌過多症についてお伝えします。ともこレディースクリニック

■母乳分泌過多症って?
あまり聞きなじみがない症状かもしれませんが、母乳分泌過多症とは、赤ちゃんが飲む母乳の量に対して分泌される母乳量が多すぎる症状のことです。
母乳が多く分泌されることの何が問題なの?と感じる方も多いと思われますが、母乳分泌過多症になるとおっぱいに痛みを感じたり、乳腺炎になったりと、様々なトラブルの原因になります。また、母乳を飲む赤ちゃんにとっても望ましくない症状で、母乳の量が多いと飲む時にむせたり、吐いてしまいます。

母乳分泌過多症の原因には、以下のようなものがあります。原因を知り、改善していくように心がけてください。

●赤ちゃんがおっぱいを上手に飲めていない
生まれたての赤ちゃんはおっぱいを飲むことにまだ慣れていないため、上手におっぱいを飲むことができない子がたくさんいます。赤ちゃんが母乳を飲めていない場合であっても、乳頭に刺激があるとお母さんの体は母乳を作ってしまいます。作られた母乳を赤ちゃんが飲めないままだと母乳が余ってしまい、母乳過多状態になってしまいます。

●乳腺が発達しすぎている
母乳の出る量の多さには、母乳を分泌する乳腺の発達に関係しています。乳腺の発達には個人差がありますが、乳腺の発達が良すぎる場合、母乳分泌過多症になりやすいといわれています。

●搾乳のし過ぎ
母乳過多になると、おっぱいが張って痛みを伴うこともあり、張りを和らげるために搾乳を行う方も多いでしょう。ですが、搾乳をし過ぎると必要な分の母乳もなくなってしまうため、なくなった母乳を作ろうとして、さらに母乳過多になってしまう可能性があります。

●高プロラクチン血症
母乳過多の原因には高プロラクチン血症という疾患が関係している場合もあります。プロラクチンとは脳の直下にある脳下垂体から分泌されるホルモンで、母乳の分泌を促す働きがあります。
このプロラクチンの血中濃度が高すぎると、母乳をたくさん作る働きが過多やほかにも様々な症状をもたらします。

■改善方法
母乳を与える際におっぱいが張った状態だと、母乳の勢いが良すぎて赤ちゃんがむせたり吐いたりする可能性があります。授乳前に軽くマッサージや搾乳をして、赤ちゃんが飲みやすい状態にしておきましょう。この場合、搾乳しすぎるのは母乳過多の原因となりますので、搾乳を行う場合は、勢いを和らげる程度にしておきましょう。
また、赤ちゃんが母乳を上手に飲めていないと感じたら、抱っこの仕方や飲ませ方を工夫してみましょう。赤ちゃんを抱っこするときの角度や向きを変えてみるなど、赤ちゃんがきちんと母乳を飲めるようにしてあげることも大切です。飲み方が浅くないか、顔や鼻を圧迫していないか、体や首がよじれていないかなどを確認するなど、赤ちゃんの飲み方をしっかりと観察して、赤ちゃんが上手に飲めるようにしてあげましょう。

このページのトップへ