1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 内性器の構造

内性器の構造


体内にあり、外部に露出していない性器のことをいいます。dr
女性では膣(ちつ)・子宮・卵管・卵巣のことです。それぞれの役割や仕組みをご案内いたします。


膀胱と直腸の間に位置し、子宮と外陰部とをつなぐ長さ7~10cmの筒状の器官が腟です。
腟の内部には子宮を雑菌による感染から守るために乳酸桿菌という常在菌がいて、腟内を強い酸性に保っています。これを腟の自浄作用といいます。
伸展性があり、妊娠中のホルモン作用もあって出産のときには赤ちゃんが通るほどに広がります。

子宮
鶏卵ほどの大きさで膀胱と直腸にはさまれるように位置しています。平滑筋という筋肉でできており、内側は子宮内膜でおおわれています。上2/3を子宮体部、下1/3を子宮頚部といいます。
受精から出産まで胎児を保護し、育てる場所が子宮です。平常時の子宮は、長さが約8cmくらい、重さが約50gで、洋梨のような形をしています。
naiseiki子宮の外側は、厚さ1~3cmの丈夫な伸縮自在の筋肉でできていて、妊娠すると徐々に大きくなります。妊娠後は胎児の発育に伴って伸び、30~35cmまで大きくなります。もちろん、出産後の子宮は縮んで、元の大きさに戻ります。
子宮内膜は毎月卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用で厚く増殖し、受精卵がいつやってきてもいいように妊娠に備えます。そして妊娠しなかった場合、増殖した子宮内膜ははがれ落ちて体外に排出されます。これが月経です。

卵管
子宮の上部から卵巣に向けて左右に伸びている。10~15cmの細い管を卵管といいます。卵管は先に行くにつれてラッパ状に広がっていることから、ラッパ管ともいわれています。その先端である卵管采は手を広げたような形をしていて、卵巣から飛び出してきた卵子をキャッチしやすくなっています。
卵管の内側は毛のような突起(線毛上皮)でおおわれており、突起は子宮の方向に波打っています。この波に乗って、卵子は子宮へと運ばれていきます。卵子は卵管膨大部で精子に出会うと、受精卵となって子宮に運ばれていきます。

卵巣
子宮の両わきに靭帯でつながっている、親指大の器官。女性は生まれたときから卵巣の中に、卵子の卵である原始卵胞を数百万個ももっています。もちろん、これらがすべて卵子になるわけではありません。思春期を迎えると、毎月その数個が成熟を始め、そのうちの1個だけが完全に成熟して卵巣から排出されます。これが排卵です。卵巣は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンを分泌します。

このページのトップへ