1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 帯状疱疹とは

帯状疱疹とは


●どんな病気dr
始めは神経痛のような痛みが起こりその後、体の神経に沿って虫に刺されたような赤い発疹が帯状に広がります。大人の5~7人に1人はかかるといわれており、特に20代と50代に多く見られます。
普通再発することはないのですが、ご年配の方や重症の方または治療を始めるまでに時間がかかった場合等は、皮膚症状が治まった後も神経痛が残る(帯状疱疹後神経痛)こともありますので、早期に治療を受けることが大切になります。
原因は「水痘帯状疱疹ウイルス」。このウイルスに初感染すると水ぼうそうになりますが、これらが神経節にも増殖すると発症いたします。誘因として一番多いのは過労で、他に外傷や手術、放射線照射等もあります。また免疫抑制剤を使用していたり、がんなど免疫障害のある病気にかかっている場合にもかかりやすい病気と言われています。

●症状
ウイルスが知覚神経を通る為、初期は神経に沿った体の片側が痛み始めます。その後神経に沿うように帯状の赤い発疹が現れ、やがて小さな水泡となります。数日後に水泡は膿疱に変わり、約2週間でかさぶたへ、3週間ほどで治るのが一般的なのですが、ときに瘢痕が残る場合もあります。発疹は体中どこにでも現れますが胸や背中に最も多く現れ、次いで顔面、頭などにも現れます。
顔だと顔面神経マヒや味覚障害、内耳障害が起きたり、眼球に傷がつくこともあり、排尿障害を起こしたり、まれに運動神経が侵されるケースも見られます。

●治療taijyouhousin
ウイルスの増殖を抑える為に、抗ウイルス内服薬を使用しますが重症の場合には入院して点滴で薬を投与する場合もあります。抗ウイルス薬は水疱が膿疱に変化してからでは使用しても効果が見られないので、皮膚症状が現れてから3日以内、遅くても5日以内に使用することが大切です。初期に投与すれば帯状疱疹神経痛の予防にもなる為、症状に気づいたら早めに病院へ行くことが重要です。
患部は温めた方が良く、痛みには非ステロイド系消炎鎮痛薬の内服と外用を併用するのが一般的です。

●アドバイス
睡眠は十分に、栄養はしっかり取って免疫力を高め入浴は控えましょう。発疹がジュクジュクしている時は、水ぼうそうにかかったことがない人にうつる可能性があるので注意しましょう。

このページのトップへ