1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 下肢静脈瘤

下肢静脈瘤


下肢静脈瘤dr

15歳以上の男女を対象にした調査によると、実に43%の人が静脈瘤をもっているようで、特に女性にその頻度は高く、また年齢に比例して増え、30歳以上の女性では62%というデータが出ているようです。

下肢の静脈のうっ血によって起こる

立ちっぱなしの仕事のあとなどに、ふくらはぎのあたりにこぶのようなものができることがあります。これが下肢静脈瘤です。
下肢の静脈には、重力に逆らって血液を心臓に押し上げるための静脈弁が備わっています。しかし、長時間立ちっぱなしだったときや、体重の増加、妊娠などによって静脈弁のはたらきが悪くなると、静脈に血液がうっ血してしまうのです。
ふつうは、下肢静脈瘤ができても日常生活にはほとんど差し障りありませんが、足がだるい、むくみやすいという場合は、立ちっぱなしの仕事は避けて、弾性ストッキングを着用することで、ある程度症状がやわらぎます。
ただし、大きな静脈瘤ができている場合は、放置すると血液障害を起こしたり、まれに静脈にできた血栓が血液に乗って肺に移動して血管が詰まり、緊急を要することもあります。kashijyoumyakurtyu
気になるくらい大きな静脈瘤があるなら、一度外科か血管外科で診てもらうとよいでしょう。

治療

下肢静脈瘤の治療には 保存的治療、硬化療法、手術、血管内治療の4つがあります。それぞれの治療にはメリットとデメリット(注意しなければいけない点)がありますので、静脈瘤のタイプや患者さんの状態によって適切な治療を選択する必要があります。

このページのトップへ